女の子たちが望んでいることは?

通常の出会い系サイトはサイト上で気になる異性を見つけたら、メールを送ってアプローチをします。
もちろんいくら待っても返事が来なかったり、お断りのメールがきたりということもあったでしょう。
はてまた、メールの返事が来ても、どちらからともなく音信不通になったり実際に会ってみようというところまで至らなかったという声を良く耳にしました。

でも、家出サイトはそんな不満の声はまったく聞かれないのです。
というのも、家出サイトに会員登録している女の子たちは今すぐに会って、あなたの家に泊めてほしいと望んでいるからなのです。
そう、彼女たちはあなたの「泊まっていきなよ」の言葉を待っているのです。

だから、あなたが家出サイトに会員登録して、気になる女の子を見つけて、メールを送ったら、すぐにでも返事が来て、その日のうちに出会うことも多々あるのです。

会員登録の方法は至って簡単。
しかも、名前を公開しなければならないということもなく、メールアドレスだってフリーメールのアドレスで結構なんです。

出会ってその日の夜に即エッチしちゃいましたとか、最初は遊び目的だったけど、何度も会って、エッチしてる間に好きになり付き合うようになった…という声もたくさん寄せられています。

皆さんも今注目も家出サイトで、今すぐにでも素敵な出会いを見つけませんか?
家出サイトはそんなあなたを完全バックアップします!

家出をする女性とは?

2009年発表の警察資料によれば、2008年の家出女性のうち、10代は約1万人、成人女性が約2万人です。その前年にあたる2007年もほぼ近い数字となっていますので、毎年約3万人近くの女性が家出をする傾向にあると考えられます。ただし、これらの数字は捜索願が出された件数ですので、届けが出されていない数も含めれば、もっと人数は多くなると思います。

女性が家出をする場合、その動機は主に、「家庭内の人間関係の不和」だといわれています。年代別で見ていくと、10代であれば、主に親子関係のトラブルが原因で家出に至ります。これに「学校に対する嫌悪感」なども加わるケースが多いようです。

親子の関係で言うと、門限を厳しくしすぎたり、交友関係などにもいちいち口を挟む「干渉型」の親元からは、反発からか家出をすることが多いようです。また、この対極である「無関心型」(どんなに悪いことをしようと無関心な親)の場合も、やはり家出をする動機を与えているようです。

ただし、学校での人間関係が良好ならば、学校生活がより所となるため家出に至らないケースも多いのですが、学校での人間関係も不和な場合は、もはや家でしか選択肢が無いということになります。ちなみに10代の場合、中学生の家出者数の方が高校生よりも多いというデータもあるようです(その正否に関しては検証していません)。

成人女性の場合は、親子関係のトラブルもしくは、パートナー(旦那や彼氏)とのトラブルなども家出の原因になるようです。では、家出をした女性たちがどんな行動パターンをとるのか、次に見ていくことにしましょう。

このページの先頭へ