家出女性について

家出女性の行動 お決まりのパターンは?

中学生女子児童の家出の場合、かなり計画的な場合を除いて、充分なお金を持っているケースは稀です。そのため、まずは、祖父母など親類縁者ないしは友人宅へ立ち寄り、今後の身の振り方を考える女子が多いようです。

その立ち寄り先でお金を調達できれば、漫画喫茶(インターネット喫茶)などへ向かうのが一般的な行動パターンです。あるいは携帯を所持している場合は、携帯を使って相談できそうな相手を探すというのも、よくある行動パターンのようです。

ただし、予算的に一人で宿泊したりはできません。また、野宿もできないため、中学生の家出の多くは、2,3日で自宅へ帰る「プチ家出」となるケースがほとんどです。高校生女子になると、大学生や社会人との交流をすでに持っているか、あるいは友人の紹介等で見つけ、今後について相談することもあります。

また、アルバイトをしている等の理由から、家出資金を中学児童よりは潤沢に持っている場合は、ネットカフェなどを宿泊先として、比較的長期に渡って家出を継続させられるようです。10代後半から20代になると、インターネット喫茶や携帯を通じて、家出を継続させるための人間関係を、積極的に開拓するケースが多いようです。

20代中盤以降の場合は、経済的な余裕度(貯金等もあったりする)に応じて、安ホテルを点々とするなど、より長期の家出を決行するケースが多いようです。全世代共通の行動パターンとして、金銭的な困難や宿泊先の確保などを、インターネットを通じて相談者を探すという行動をとる傾向にあります。

このページの先頭へ