チャットを利用する

家出中の女性が困った際によく「チャットサイト」を使って相談する場合があります。メールなどはタイムラグが発生するため、「今、助けて欲しい」と訴えても返事はいつ来るかわかりません。そこでタイムリーなチャットを使って、「今、どうしても困っているの」という相談をしてくるわけです。

以前、チャットで見かけたケースは、関西在住の20代前半の女性でした。相談内容は「このネット喫茶代を払うともう所持金がゼロになる。そこでお金を貸して欲しい」というものでした。関西在住の数名の男性が、彼女の相手をしていました。

その中で最終的には、会える距離に住んでいる男性だけが残り、その女性の相手をしていました。女性の条件は「会ってお金を借りて借用書を渡したい。ただし、エッチはできない」という条件でした。

「男性は金は貸せるけどね……」と、意味ありげな感じで女性に語り、とりあえずは会ってみるか、と提案します。しかし女性が再度、「もちろんあってお金を借りたいです。でも、エッチは絶対にできません」と宣言されると、男性の方は興味を失ってしまったようでした。

結局その女性は、昼から夕方まで、ずっと助けてくれる人を待ち続けましたが、住んでいる地域的な問題もあり、助けてくれる男性とは出会えず、いつの間にかチャットから姿を消していました。

一方、チャットサイトでは、「家出している女性、相談に乗ります」というメッセージを出している個人部屋なども多くあります。こうした男性は、宿泊先、もしくは食事等の提供などと引き換えに、やはりエッチな行為の見返りを期待しているようです。

このページの先頭へ