本当にあった事件簿

家出中の女性と何かしらの関係を持つ際、相手が未成年者の場合は特に注意が必要です。家出女性との関係においてさまざまな事件が起こっています。そのほんの一例を紹介しておきましょう。

<中学生少女を5ヶ月住まわせて逮捕>
携帯電話の出会い系サイトで知り合った中学3年生の少女を、5ヶ月にわたって自宅マンションに住まわせたとして、アルバイト店員(25) が県青少年育成条例違反で逮捕されています。

<家出中学生2人を誘拐容疑>
出会い系サイトで知り合った兵庫県の中学2年生の少女を誘拐したとして、神奈川県の男性(38)が逮捕されています。

<家出女性に援助交際で逮捕>
出会い系サイトで知り合った家出中の少女(17)に、現金3万 円を渡しわいせつな行為に及んだとして、静岡市の小学校教諭(51)が逮捕されています。

<家出少女を人身売買>
携帯電話の自己紹介サイト・プロフを通じて、家出中の東京の女子中高生2人が暴力団員らと接触。その後、ホステスとして奄美大島の飲食店で働かせられたとのことです。

このように、家出少女は捜索願が出されていることから、警察が行方を追っている場合も多いのです。そこで接触の仕方によってあらぬ嫌疑をかけられてしまう場合もあるので、くれぐれも慎重に行動をしなければいけません。特に相手が家出中の未成年と知っていた場合、自宅等に住まわせただけでも「青少年保護育成条例違反」となる倍意もあるので注意しましょう。

このページの先頭へ